フロンティアを追う

天才を夢見る凡才、TKのブログ。 基本的に趣味のバイク・プログラミングのことを書いていきます。あとは気分次第で日常の瑣末な出来事でも。

05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】スラックライン用ブログについて

2013年 08月12日 10:02 (月)

歯医者で更新しています。
TKです。

さて、お知らせです。
最近の更新の感じから、以降はスラックラインの記事が増殖しまくることが予想されるので、スラックライン用のブログを用意しました。
最初は当ブログと同じFC2で作成しましたが、訳あって別のサービスにしました。
リンクはプロフィールに貼ってありますが、下記になります。
・ラインとともに

簡単ですが、以上お知らせでした。

追伸
スマホで更新は結構きついです。
スポンサーサイト

【天体】ペルセウス座流星群

2013年 08月11日 17:52 (日)

実家の秋田に帰省中です。
TKです。

明日8月12日の深夜から13日の明け方にかけては、ペルセウス座流星群が極大をむかえます。

今年のペルセウス座流星群は好条件らしいですね。
国立天文台のWebサイトでは今年のペルセウス座流星群について解説してくれています。

・国立天文台

いつも天体観測をする時は、キャンプ用のチェアに深く腰掛けて空を眺めていますが、
それでも首が痛くなりますね。
シートを敷いて、その上に寝ころがるのも良いですが、下記のようなベッド型のチェアがあっても良いかもしれません。

 


この手のものは、強度も気にしたほうがいいですね。
星を見ながらチェアが崩壊するのはたまったもんじゃありません。

あと、星を見る前は暗闇に目を慣らしておいた方がいいですね。
暗順応といいますが、暗順応になるためには30分ほどかかります。

観測のポイントを決めたら、なるべく光を目に入れないようにしましょう。

TKは明日が楽しみです。

【スラックライン】スラックラインで使用する靴について

2013年 08月04日 13:27 (日)

毎日暑いですね。
TKです。

前回の投稿で簡単にスラックラインの紹介をしました。
自分自身、スラックラインを始めてまだ1ヶ月も経過していませんが、
上達に結びつくかな?と思って、靴を購入しました。

別にスラックライン用の靴というわけではなく、結構適当にチョイスしたものです。
もちろん「適切」という意味の適当ではなく、
どれがいいかわからんし、これにするか、えーいもうどうにでもなれ
とりあえずこれにしよう的な意味です。


購入したのはこちら。



まぁ安かったからね!
いやぁ、緑系の色が好きなのでこれにしました。
(TKは店で購入だったので、通販よりも高くつきました)

履いた感じですが、足の甲のあたりが少しきつ目に感じます。
いつも、26.5cmを購入しますが、きついのもあり今回は27.0cmにしました。

この靴で、下の写真のようなラインに乗ります。(写真はジムに張ってあるラインです)
ライン1  ライン2

全体はこんな感じになっています。写真がボケててすみません…
全体

ヨイショとラインに乗ると…なんと立ちやすい!
何というか、足の裏が平ら!って感じがします。

靴の裏はこんな感じです。
ソール

フリクション(摩擦)も高く、グリップが感じられます。

ちなみに、いつもはジムが用意してくれるクロックスで練習していました。
クロックスでも意外と乗れますが、継続して練習するなら靴を用意すべきかもしれません。


もちろん、プロ御用達の靴も存在します。

・ファイブテン


高いね!
値段だけあって、性能もかなりのようです。
フリクションはとても高く、慣れないとあまりのグリップにラインからぶっ飛ばされるらしいです。

TKは連続でトリックができるようになったら購入しようかと思います。


他にもこんなユニークな靴もあります。

・ビブラム


どうです、五本指の靴。
「只者じゃない感」を存分に醸し出していますね!
普段の生活でも履くだけで己の存在感を出しまくりです。

ちょっと欲しいですネ…


一番大切なのは、自分にあった靴を選ぶことだと思いますが、
プロが使っているとなると若干の憧れはあります。

頑張って練習しよう!




・おまけ
そういえば、Xperia acro HD SO-03D のCMでスラックラインをしていましたね。
TKは一度も目にしたことがなかったですが…




【スラックライン】TK、スラックラインにハマる

2013年 08月03日 17:48 (土)

お久しぶりです。
TKです。

最近、とてもハマったものがあります。
タイトルにもあるように、スラックラインというものです。

みなさんはご存知でしょうか?
スラックラインというスポーツを!

そうです、まだ日本ではマイナーですがスラックラインはスポーツなんです!
アスリートの体幹トレーニングに利用されていたりもします。
日本でも大会が開かれています。

一般人の私達にとってもダイエットやバランス向上に超効果的です。


参考程度に動画をどうぞ
スラックライン(Youtube)

こんな命がけのスポーツなの?と思ったあなた、違います。

この動画は、スラックラインが注目されるきっかけとなった動画なので、
全世界のスラックライナーが命をかけてラインを渡っているわけではありません。

張ったラインの上で跳ねたり、回転したり静止したり、様々なトリックを披露します。
日本の大会の様子もYoutubeで見れるので、チェックしてみても良いかもしれません。

最近、滋賀にもボルダリングとスラックラインに挑戦できるジムができたので、そこに通って練習しています。
スラックラインは木や支柱があれば、外でもできます。
TKは以下のラインを購入しました。※まだ一回も張ってないけどね!



木にラインを固定するためには、ツリーウェアと呼ばれる木保護する巻物も必要なので、
ラインを購入時に一緒に購入した方がいいかもしれません。

TKはラインだけを買ったので、追加でツリーウェアも購入しました。



現在ライントリックをガンガン練習しているので、タイミングがあればその紹介もしていきます。


みんなもスラックラインやろうよ!

【資格取得】応用情報技術者試験の受験

2013年 06月26日 03:36 (水)

資格記事連投のTKです。

今回は「応用情報技術者試験」です。

応用情報技術者試験 
英語では、Applied Information Technology Engineer Examination
試験区分は頭文字からAP

独立行政法人 情報処理推進機構が主催する高度IT人材のための試験です。

私が受験したのは今年2013年4月21日(日)でした。

この試験の一つ前のレベルに「基本情報技術者」がありますが、実のところ私は基本情報技術者は試験に5回落ちています。なんとか6回目にして合格しました…
今回は同じ過ちを繰り返すまいと、事前に計画をしっかりと立てて勉強に臨みました。

※計画はしっかり立てましたが、余裕で崩壊しましたけどね☆

集中して勉強できたのは、会社の1時間(実質1時間無いですけど)の昼休みです。
毎日昼飯はカロリーメイトを食べながら、勉強していました。

自宅でも勉強の時間は作りましたが、なぜか会社の昼休みより集中できませんでした。


勉強に使用したのは下記の三冊+Webです。

・情報処理教科書 応用情報技術者 2012年版
翔泳社




結構分厚いです。応用情報を勉強する際にこのテキストから入るのは少々ハードルが高いのかと思いましたが、買ってしまったのですから勉強しないわけにはいきません。

まずはこのテキストに○○の分野は○月までに終わらせるという旨の付箋を貼っていきます。

実際に試験勉強を始めたのが昨年2012年9月からだったので、だいたい試験の2ヶ月前である3月を目処に問題集の制覇をしようと決めました。
正直、これが一番うまくいきませんでした…

細部まで確認するのはかなり時間が必要だと思い始めたあたりで、重要単語のみをおさえる作戦に変更し、テキストを読み終えました。単語は蛍光ペンでマーク&重要な説明は赤ペンで線を引きました。

次は問題慣れするために、問題集へ移行です。

・情報処理教科書 応用情報技術者 過去問題集
翔泳社



テキストと出版社が同じです。
タイトルどおり問題集になっているので、何回も解いて理解につなげます。

・平成25年度【春期】【秋期】 応用情報技術者 合格教本 (情報処理技術者試験)
技術評論社




こちらは同じ職場の課長さんに貸していただきました。
もちらも問題集なので、2~3回解きました。

・応用情報技術者試験ドットコム(Web)
こちらはWebサービスです。
かなりお世話になりました。
自宅ではこのサービスを利用して問題を解くことが多かったですね。
素早く何問も解くことができるので、とにかく問題慣れしたい場合はオススメです。

試験は1ヶ月前は他の受験者が書いた記事などを参考にしました。
→参考


実際の試験は基本情報の時と変わらず、午前試験は過去問を多く解いていれば、見たことのある問題ばかりだった気もします。
それでも点数は6割でギリギリでしたけどね…

午後はとにかく壮絶でした。
長文問題で、問題文と選択肢が別々のページにあったりするので、何回もページをめくらないといけません。
風が強い場所にいるかのように、周囲は紙のバサバサ音で満ちていました。
参考にした記事にもありましたが、午後はとにかく諦めないことが重要です。
長文に心が折れたり、集中力が切れたりすると問題を解く速度が低下してしまいます。

また、午後は問題選択形式なので、自分で解けそうだと感じた問題を選択するのがいいです。
逆にいうと、「これは分からん…」と感じたら全力で引き返すのもありです。
150分という時間を有効に使ってください。

私は午後の対策にあてた時間がそんなに無く、結果準備不足のまま試験に突入しました。
結果は6割ぴったりでした。

午前、午後共に6割にとどいていたので、応用情報技術者試験は合格となります。
正直、2~3回トライすることになると思っていたので、今回の結果は意外でした。

次は来年4月にあるエンベデッドシステムスペシャリスト(ES)の試験に挑戦するつもりです。
仕事がら少し組み込みシステムに関係があるので、今から少しづつ勉強していきます。


以上、備忘を兼ねた応用情報技術者試験の受験記録でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。