FC2ブログ

フロンティアを追う

天才を夢見る凡才、TKのブログ。 基本的に趣味のバイク・プログラミングのことを書いていきます。あとは気分次第で日常の瑣末な出来事でも。

09月 « 2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

【Kinect】Kinectコンテンツでキャプチャした画像たち

2011年 09月29日 11:24 (木)

ごきげんよう。

 前回のブログの予告通り、月見光路でキャプチャした画像を紹介していきます。
 ただ、キャプチャした画像だけで数百枚あり、選定が途中で面倒くさくなってしまったのでなんかテキトウに 僕の集中力が持続した限りで選定したものを紹介します。


1枚目
『かけプロを描きし者』
01

 僕が研究のために所属する「かけはしプロジェクト」の略称「かけプロ」の文字を描いた画像。
 このコンテンツは基本的に一筆描きなので文字を描くのがとても難しいのです。

2枚目
『黄色い集団』
02

 なんかすごいシュールですね。何がシュールかというと、このコンテンツはプログラムで人に着色される色を黄色、橙色、薄紫色、白色の4色でランダムに振り分けています。
 しかし、どういうわけか全員が黄色になっていますね。何の力が働いたんでしょうか・・・

3枚目
『ぶーん』
03

ぶーん!

4枚目
『雨雲』
04

 この方が「雨雲描こう!」と言っていたような気がしました。
 雨雲よりも本人のポーズが決まってますね!スタイリッシュ!

5枚目
『いや、シルエットだからってはっちゃけすぎじゃありません?』
05

 まぁ、1700人もコンテンツを体験してくれれば、一人くらいおもしろいポーズをとる方もいますよ。
 でも、会場でスクリーンに向かってポーズを取る姿は本当に滑稽でした。

6枚目
『う、うわああああああああああ!』
06

 ぶっちゃけた話、ハートの画像は結構多かったですよ。そしてカップルも多かったですよ。イベントでは、カップルには二人でハートを描くように言ったりしてました。なんと悔しい。


 こんな感じに6枚ほど紹介しました。6枚選定するくらいしか集中力がもちませんでした。
もっとみたいという方は、イベントのキャプチャ画像をこちらにまとめているので、見に来てください。
http://kakepro.moo.jp/gallery_top


スポンサーサイト



【Kinect】Kinectを使ったインタラクティブコンテンツ

2011年 09月27日 16:40 (火)

 筋肉が痛い!ごきげんよう

 9月16~19日の4日間、石川県金沢市の中心部(広坂商店街)では「月見光路(つきみこうろ)」というイベントがありました。
 金沢工業大学の建築家の学生たちが中心となり、明かりを灯したオブジェを設置して、商店街付近の道路を幻想的に演出するというイベントです。

 そこへ、僕が所属する研究室でもインタラクティブコンテンツを出展してきました。ちなみに、僕は情報学部に所属しているので、建築と全く関係ないじゃないか!帰れ!と思う方はもちろんいると考えられます。

 最近ではITの技術も取り入れ、月見光路の楽しみの幅を広げようとしているので、情報学部の僕らの参加も可能になったわけです。
 参加の経緯を説明すると、4ヶ月くらいかかりs 本が1冊くらいかけてしまい 長くなりそうなので、ここでは割愛して僕が制作したコンテンツの紹介をします。

 僕は研究でMicrosoftから発売されているKinect(キネクト)センサーというものを使用してコンテンツの制作をしています。今回はインタラクティブ(双方向性のある)コンテンツとして、月見光路へきたお客さんに実際に体を動かしてもらって楽しめる内容に仕上げられるように頑張りました。

ここからコンテンツの内容

 このキネクトセンサーの前に立つと、

Kinect


 自分の姿に色がつき、背景の画像に合成されます。

19193318.png



 そして、キネクトセンサーに手を振るジェスチャーをすると、

tsukimi01

 自分の手がペンとなり、画面にお絵かきができます。
 今回のコンテンツでは、人に色をつけるのは多人数できるようにしましたが、お絵かき出来る人が一人だけという設定にしました。みんなが一斉にお絵かきしたら画面が一瞬でグチャグチャになるかもしれませんからね(;´Д`)
 この画像でTKと描いているのは僕です。

 他にも、

tsukimi03

 こんなハートフルな僕や↑

tsukimi02

 こんなカッコいい僕や↑

tsukimi04

 こんなスタイリッシュな僕↑が楽しめます。

 すみません調子こきました。

 このコンテンツは、絵を描いたあとにピタリと止まると、自動で画面のキャプチャを撮って画像を保存するようになっています。
 コンテンツを楽しんでもらった方の画像はインターネット上のギャラリーにアップロードされているので、PCやスマートフォンの壁紙としてダウンロードすることができます。

http://kakepro.moo.jp/gallery_top ← イベント特設ギャラリー

 Kinectを用いたこのコンテンツの特性は「巻き込み型」というもので、誰かがこのコンテンツを体験しているのを他の人が見て、立ち止まり、自分もやってみたい!という衝動を喚起するというスパイラルを構築することで全く関係ない人たちを巻き込んでいく仕組みを作っています。

 結果、4日間の月見光路の中で1727人の人を「巻き込む」ことに成功しました。

 成功したのは僕だけの力だけではなく、背景の綺麗な画像を作ってくれた研究室のスーパーデザイナーの友人やネット周りのシステムを作ってくれた先輩・友人の協力があったからこそでしょうね。
 同じKinectのコンテンツを制作していた友人からの刺激もありました。

 本当に感謝しています。

 次回は、コンテンツでキャプチャした面白いシルエットの紹介でもしていきましょうか。